東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM

展覧会・催し物

東京藝術大学 大学院美術研究科博士審査展

日程2008年12月6日(土) - 2008年12月18日(木)

東京藝術大学 大学院美術研究科博士審査展

会期: 2008年12月6日(土)-12月18日(木)
月曜日休館
午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場: 東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程の最終審査を一般公開いたします。 本展覧会は、博士学位の修得を目指す学生達にとって最終関門であると共に、 大学院在学中の集大成としての作品、研究を発表し、今後、作家・研究者として活動していく上で、 出発点となる展覧会でもあります。

観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学
問い合わせ: 美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL / 050-5525-2122

ハローダイヤル 03-5777-8600

<博士論文発表会日程一覧>

論文発表会 日時 場所 研究領域・専攻 制作者氏名 論文テーマ
12月9日(火) 10:00- 大学美術館
B2F展示室2
保存修復
(日本画)
飯沼 春子 禅林寺重要文化財「二十五菩薩来迎図絵扉」における表現効果の研究―想定復元模写を通して―
12月9日(火) 10:30- 大学美術館
B2F展示室2
保存修復
(日本画)
鴈野 佳世子 甲斐万福寺旧蔵「源誓上人絵伝」に関する研究
― 芸大本・シアトル美術館本の現状模写及び想定本の再現制作を通して―
12月9日(火) 11:00- 大学美術館
B2F展示室2
保存修復
(日本画)
高木 かおり 「鶴林寺太子堂仏後壁裏面仏涅槃図」の芸術性の回復―想定復元模写を通して―
12月9日(火) 14:00- 大学美術館
B2F展示室2
日本画 大久保 智睦 鏡映と空間形成
12月9日(火) 14:00- 大学美術館
3F展示室3
デザイン 玄 世峰 グラフィック・デザインにおける生命感の溢れる造形表現の可能性
12月9日(火) 15:00- 大学美術館
B2F展示室2
日本画 中村 愛 光の空間
12月9日(火) 15:00- 大学美術館
3F展示室3
油画 岩井 優 ウロボロスの眩暈―循環に「ふれる」ための方法論
12月9日(火) 15:00- 大学美術館
3F展示室4
デザイン 大野 とも子 シークエンスによる外部空間の構成手法に関する研究
12月10日(水) 11:00- 大学美術館
3F展示室3
油画 臼井 拓朗 模様の交換―見慣れたものへの意識の変質
12月10日(水) 11:00- 大学美術館
B2F展示室1
保存修復
(工芸)
フローニ フリデリケ カウチ 桃山時代における高台寺蒔絵の意匠と技法
― 東京藝術大学大学美術館蔵「秋草蝶蒔絵料紙箱」の再現模造制作を通して―
12月10日(水) 13:00- 大学美術館
B2F展示室1
染織 朱 軼= 
(=は「女」へんに「朱」)
現代中国における伝統染色の可能性―友禅染の制作を通して
12月10日(水) 14:00- 大学美術館
3F展示室3
版画 図布其其格 原風景の気
12月11日(木) 11:00- 大学美術館
B2F展示室1
陶芸 金 大容 無為自然の壺―朝鮮陶磁への回帰―
12月11日(木) 13:00- 大学美術館
B2F展示室2
日本画 大沢 拓也 日本画(膠彩技法)と工芸(漆工技法)の複合の可能性
12月12日(金) 10:00- 大学美術館
3F展示室4
油画 町野 三佐紀 漂う膜、内なる海
12月12日(金) 10:00- 大学美術館
B2F展示室1
保存修復
(工芸)
劉 潤福 龍泉窯青磁の伝統技法と現代技法の比較研究―宋代「青磁香炉」の復元を中心に―
12月12日(金) 11:00- 大学美術館
3F展示室4
油画 山下 麻衣 ユーモアある事実を生み出すということ
12月12日(金) 11:00- 大学美術館
2Fテラス
彫刻 平原 なつこ キリスト教精神を象る美術と自己の作品
12月12日(金) 13:00- 大学美術館
2Fテラス
彫刻 石井 琢郎 空洞の彫刻
12月12日(金) 13:00- 美術学部中央棟
2F第3講義室
保存修復
(油画)
平野 はな子 フォクシングの形状分類法の考察および修復処置に関する研究
12月12日(金) 14:00- 大学美術館
B2F展示室1
保存修復
(彫刻)
益田 芳樹 慶派仏像における胴継ぎ構造の研究―興福寺国宝 木造天燈鬼立像・竜燈鬼立像を中心に―
12月12日(金) 15:00- 大学美術館
2Fテラス
彫刻 今野 健太 不安のリアリズム―彫刻における自己の存在―
12月16日(火) 15 :00- 大学美術館
B2F展示室1
陶芸 吉田 幸子 陶における情景の変容
12月17日(水) 10:00- 美術学部中央棟
2F第5講義室
美術教育 生井 亮司 触覚の教育学―塑造制作における「身体的自己」の形成について―
12月17日(水) 13:00- 美術学部中央棟
2F第5講義室
美術教育 佐野 秀二 美術作品制作における「無の時間感覚」の存在論的意味
12月17日(水) 15:00- 美術学部中央棟
2F第5講義室
美術教育 ペルトネン 純子 模刻教育の意味について―東京芸術大学鍛金教育の歴史を通して―
12月17日(水) 15:00- 大学美術館
3F展示室3
油画 浅野 桃子 祖先の夜を整地する
12月18日(木) 13:00- 大学美術館
3F展示室3
建築設計 栗原 可奈子 離隔論―離隔における構成手法と空間表現
12月18日(木) 13:00- 美術学部中央棟
2F第3講義室
西洋美術史 吉澤 早苗 ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニヤの《マエスタ》研究―物語サイクルにおける空間表現をめぐって―
12月18日(木) 14:00- 美術学部中央棟
2F第3講義室
日本・東洋美術史 依田 徹 近代の「美術」と茶の湯―言葉と人とモノ

天候・災害等の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。
ハローダイヤル【050-5541-8600】でご確認ください。

  • 東京藝術大学
  • 芸大美術館ミュージアムショップ
  • たいけん美じゅつ場 VIVA
  • 近現代美術史・大学史研究センター
  • 東京・ミュージアム ぐるっとパス
  • 東京藝術大学大学美術館 Twitter
ページの先頭へ

© 東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM, all rights reserved

ページの先頭へ