東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM

展覧会・催し物

時空をこえたオプティミスト 建築家Borek Sipekの軌跡と作品展展

日程2009年9月16日(水) - 2009年10月7日(水)

時空をこえたオプティミスト 建築家Borek Sipekの軌跡と作品展展

Photo by Nobuyoshi Araki
Graphic Design by Borek Sipek

sipek_vase.jpg

Vase 2009

会期: 2009年9月16日(水)~10月7日(水)
10:00-19:00(金曜日は10:00-20:00)
月曜休館(ただし、9月21日[月] は開館)
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館

 東京藝術大学と駐日チェコ共和国大使館及びチェコセンターは、このたび東京藝術大学陳列館において、 Borek Sipek(ボジェック・シーペック)の国内初の大規模な企画展「時空をこえたオプティミスト 建築家Borek Sipekの軌跡と作品展」 を開催致します。
 Borek Sipek(1949~)は、現代プラハ発のデザインを語るとき、なくてはならないアーティストのひとりです。 もともと、建築家としてキャリアを積んだ彼が、建物の内装やインテリア、照明器具、ガラス工芸、食器類など、 建築物に収まる様々なものへと興味の対象を広げていったのは、自然の成り行きだったのかもしれません。 その後元チェコ大統領・ハヴェル氏の絶大なる信頼を得、プラハ城の改装責任者を務めたことで、 チェコ・デザイン史に不動の地位を築きます。
 近年日本では、チェコの伝統的なガラス工芸のテクニックを生かした、斬新なボヘミアン・クリスタルガラスの 制作で知られ、その革新的な作風にファンも増えつつあります。 また現在、チェコ、ドイツ、オランダなどを中心としたヨーロッパのみならず、 アメリカ、中国でも活動の拠点を持ち、アグレッシブな創作活動を続けています。
 本展では、ジャンルにとらわれることなく創作活動に没頭する彼の軌跡を、建築とインテリア、 そしてガラス工芸作品を中心として、代表作から新作まで約100点を展覧致します。 陳列館という2層の会場構造を生かしたスペースデザインと、 約2mの高さのガラスで制作した木々を階段室に並べ、まるで林の中を登るかの様な、 斬新なアイディアを盛り込んだ展示手法により、独特の存在感を放つシーペック作品の数々を、 この機会に是非ご体感下さい。

観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学 / 駐日チェコ共和国大使館 / チェコセンター
特別協賛: 日本郵便 / HECKEL
監修: 北川原 温(東京藝術大学)
展示・レイアウト: Studio SIPEK / 内田デザイン研究所
問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
<公式ウェブサイト>

天候・災害等の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。
ハローダイヤル【050-5541-8600】でご確認ください。

  • 東京藝術大学
  • 芸大美術館ミュージアムショップ
  • たいけん美じゅつ場 VIVA
  • 近現代美術史・大学史研究センター
  • 東京・ミュージアム ぐるっとパス
  • 東京藝術大学大学美術館 Twitter
ページの先頭へ

© 東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM, all rights reserved

ページの先頭へ