東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM

展覧会・催し物

Delta

日程2013年7月16日(火) - 2013年7月23日(火)

Delta

会期: 2013年7月16日(火)- 7月23日(火)
会期中無休
午前10時 - 午後5時(入館は午後5時まで)、金曜日は午前10時 - 午後7時(入館は午後7時まで)
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館
観覧料: 無料
主催: Delta展実行委員会

・近代性は私達に何を与え、何を奪ったのか
・それから、ピリオドを打つこと
・完璧な永遠とは何か
私達は今、歴史のどの段階にいるのだろうか。
先行する世代から「ゆとり世代」や「バブルを知らない世代」と言われ育った私達は、
今、自分たちの置かれている事態にどれ程敏感になっているのだろうか。
90年前後に生まれ安定した時代に生きる私達にとって、過去の事態は私達とは無関係の教科書上の言葉として記憶され、意識にすら昇らなかったのではないだろうか。
私達は美術史に限らず世界の歴史の中では一体何が起こってきたのかを、当事者意識をもって考察し、過去の先にある現代を再認識することにした。
歴史、すなわち過去と現在とは私という点を持って繋がる事が出来る。
過去から続き、現在も動き続ける状況を考察することで見えてくる未来の可能性についてすら、その視座を持つことが出来るかもしれない。
「私達は今、歴史のどの段階にいるのだろうか」という問を過去・現在・未来の三方向から考察するために、「近代性は私達に何を与え、何を奪ったのか」「それから、ピリオドを打つこと」「完璧な永遠とは何か」という問を立てた。それらは独立しているわけではなく、これら3つの視座が有機的な繋がりをもって、私達の歴史の段階を測る。
過去から現在の新たなビジョン、そしてそこから推測された未来。
それらを自身で完結させず、お互いに交換することで私達にとっての「今」を確認する。
そしてこの「今」を、過去と現在と未来の相対的な一座標として意識し、作家各々のデルタ(過去・現在・未来からなる三角形)を俯瞰する第4の点として機能させることをこの展覧会の目標とした。

問い合わせ: ハローダイヤル:03-5777-8600

天候・災害等の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。
ハローダイヤル【050-5541-8600】でご確認ください。

  • 東京藝術大学
  • 芸大美術館ミュージアムショップ
  • たいけん美じゅつ場 VIVA
  • 近現代美術史・大学史研究センター
  • 東京・ミュージアム ぐるっとパス
  • 東京藝術大学大学美術館 Twitter
ページの先頭へ

© 東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM, all rights reserved

ページの先頭へ