東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM

展覧会・催し物

東京藝術大学 日本画第一研究室 研究発表展

日程2022年8月27日(土) - 2022年9月7日(水)

東京藝術大学 日本画第一研究室 研究発表展

会期

2022年8月27日(土) - 9月7日(水)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

会期中無休

※本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により、変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階、正木記念館2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学 日本画第一研究室

助成

藝大フレンズ賛助金

「収束と発散」

私たちの制作の動機やその過程は人それぞれですが、各々のペースとやり方で、収束と発散の間を行き来しながら作品という一つの形にしています。本展示では、その集大成にして通過点である作品群を発表します。

収束:分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。数学で、ある値に限りなく近づくこと。
発散:内部にたまったものが外部へ散らばって出ること。また、外部へ散らばり出ること。数学で、数列・級数などが有限の値に収束しないこと。計算が終わらないこと(あるいは例外的な状態に落ち着くこと)。

出典 デジタル大辞泉、wikipedia

【出品作家】

植田一穂、海老洋、長澤耕平、杉山佳、椎野倫奈、菊池玲央、大島直哉、岡路貴理、李雨晨、松原瑞穂、太田力天、陶虹、堀田紅音、芳野春恵、高盛大輔、陳天逸、山本明音、吉川薫平、アンガスシェーファー
杉戸洋(招待作家)

【クラウドファンディングについて】

本展覧会の会期に合わせて来年度の一研展に向けてクラウドファンディングに挑戦します。

http://readyfor.jp/projects/ICHIKENTEN

問い合わせ

ハローダイヤル:050-5541-8600

天候・災害等の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。
ハローダイヤル【050-5541-8600】でご確認ください。

  • 東京藝術大学
  • 芸大美術館ミュージアムショップ
  • たいけん美じゅつ場 VIVA
  • 近現代美術史・大学史研究センター
  • 東京・ミュージアム ぐるっとパス
  • 東京藝術大学大学美術館 Twitter
ページの先頭へ

© 東京藝術大学大学美術館 THE UNIVERSITY ART MUSEUM, all rights reserved

ページの先頭へ